子供に片付けてと声をかけていませんか。

 

片付けても片付づかない…片づけを学ぶことで脱出、お片付けコンサル つきかわみほです。

以前は片付けられない…部屋に住んでいました。

片付けられないことにストレスを感じ、学ぶことで片付けられないを克服。

今は片付けに困っている皆さんへ、片付けに困らなくなるように導くことお手伝いしています。

子供に片付けて…と声かけしていませんか

突然ですが、子供に片付けて…と一言、

声かけを投げかけただけで済ませていませんか?

子供に片付けてねと声かけ後、子供と一緒に片付けに取り組むことをしていますか?

ついつい、声だけかけて子供に任せっきり…

子供に声かけせずに、片付けを任せていると…こんな悪い効果が…

子供に片付けてと声をかけていませんか

・怒られちゃうから、自己流でしまい込んだり

・怒られないようにと、適当に片付けたふりをしたり…

結果、親が片付けなければなりません。

子供の片付けあるあるです。

子供と片付けを一緒に取り組むことで親も子供も片づけの仕組みを覚えることができます。

我が家も小学生の中学年程度になると自分で片づけを率先してできるようになりました。

親がついて一緒に取り組まなければならないのは、少し大きく成長するまでの辛抱。

子供の片づけは親子で取り組もう

子供が小学校低学年~中学年程度成長するまでは、片付けはなるべく親子で一緒に行いましょう

そのためには親が正しい片付けの方法やコツ、仕組みを知ることが大切だと思います。

私が、今皆さんに片付けを教えているのは、私自身が親から教わることも無く、学校では片付けについて学ぶ経験もなく、大人になって片付けられず、とても困ったから。

学んだ片付けの方法やコツを子供に教えていくことは、本当に大切です。

実際、私の子供に教えることで、お陰で子供は年齢の割には片付け上手です。

片付けの正しい順番をマスターするとどうなるの?

片付けには正しい順番があります。

この順番をマスターして、守ることで、得られる良い効果は以下の通り。

子供に片付けてと声かけしていませんか

  1. 片付け苦手な親から
  2. 片付けられる親へ
  3. 子供に片づけの方法を伝えることができる
  4. 子供も片付けられるようになる
  5. 子どもが完璧にマスターしたら子供に任せてOK
  6. 率先して子供が片付けてくれるようになる
  7. でも、たまに親のチェックは必要

親が片付けの正しい順番を覚えた後は、②から⑦の繰り返しとなる

 

と、片付けができないから片づけができる状況に親子で好転していきます。

私が体感してきたので間違いありません。

実は片づけの正しい順番は、子供だけでなくこれは、大人も同じ

片付けの正しい順番を覚えることで子供はもちろん大人も片付け上手になります。

よーし、めっちゃ片付けやる気になってきたぞ…

片付けの正しい順番について

では、まずは片づけの正しい順番をお伝えしますね。

この片づけの正しい順番を守って覚えることでまずは大人が片づけのコツをつかみましょう

子供に片付けてと声をかけていませんか

  1. モノをすべて出す
  2. モノを必要・不必要に分ける
  3. 必要なモノだけを、使う場所に戻す

片付け苦手ママ
え、やる事はこの3つだけ??

たったシンプルにこれだけなのです。

ここで、注意点。

片付けはいきなり、広ーい場所から、張り切ってやりがちですが…。

最初はお試しだと思って狭い場所、小さいところ…から片づけを行いましょう。

引き出し一つでいいので、狭い小さい場所から取り組んで片付けできた!の達成感を味わいましょう。

達成感を味わうことで片づけが少しずつ身についていきまた、片づけをすることが楽になります。

片づけ苦手ママ
えー…リビング散らかってるからリビングからやりたかったのに…
片付け苦手ママが言うように、家の中でも目に付くところから始めたくなる気持ちは十分わかります。
しかし、片づけに頑張って取り組んでも、タイムオーバーで結果片付かないと意味がないので、おススメは洗面所や玄関の靴箱です
一時間程度もあれば必ず達成できると思います。
次回の記事で片づけの正しい順番についてさらに細かく具体的にお伝えしたいと思います。

LINE公式アカウントお友達登録はこちら
整理収納アドバイザー

LINE公式アカウントでは、このブログ更新情報・お片付けのカンタンなコツ・講座やイベント情報について不定期で発信中

1対1トークも可能。トークの内容はほかの方に見えませんので、登録後はぜひ、スタンプを送ってプレゼントをゲットしてくださいね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事