想い出ボックスの作り方

 

こんにちは。整理収納アドバイザー 

つきかわ みほ です。

オンラインでのお片付けコンサルを中心に活動しています。

わたしの詳しいプロフィールはこちら☟

子どもの想い出の残し方

 

みなさん、想い出の品はどのように保管していますか?

先日お伝えした記事つかわなくなったおもちゃについての記事はこちらから

 

この使わなくなったおもちゃの中から想い出の品として残しておきたいものが出てくると思います。

子どもの想い出の品は、数えきれない…

 

また生まれた時からの想い出…何となくとっているもの、また成長していく過程で、たくさん増えていく想い出の残し方について今回はお話しします。

 

想い出の品は時間とともに…

 

子どもの成長と共に想い出の品はどんどん増える一方です。

また、なかなか捨てられず…かといって頻繁に見直す機会もなかなかありませんよね。

以前、ご依頼で想い出の品を10年は放置したまま…どんどんたまっていく…という方もいらっしゃいました。

そこで今回は、押し入れにしまいこんでしまうよりも親子の会話のきっかけとして気軽に出せるように…想い出メモリアルボックスをつくってみませんか?

以前のお片付けコンサルでも同様の悩みがあり、解決へ導きました。

 

カンタン想い出ボックスの作り方

①想い出の品を要/不要に分ける

②想い出の分類を行う

・想い出ボックスに入れるもの

・写真として残すもの→フォトブックやスクラップブッキングとして集約させる

③想い出ボックスの準備

④想い出の品の収納

子どもの想い出の宝箱を…

 

わたしがいつもお片付けコンサルで、おススメしている想い出のメモリアルボックスはこちら…

こちらは保育園や幼稚園で必ずあるお絵描き、A3サイズの作品がすっぽり入るおススメの想い出メモリアルボックス…

絵は折り曲げたくない、きれいに保存したいとの声が多くこちらのメモリアルボックスが最適。

★2セット以上購入で1個おまけ★ メモリアルボックス 4個入り 収納ボックス 子供の思い出の品・A2サイズも入るクラフトボックス送料無料

価格:3,300円
(2020/6/29 11:22時点)
感想(498件)

この中には、幼稚園の出席ノート・卒園証書・通知表・お誕生日カード・夏休みの自由研究・文集・賞状など…たくさん想い出の品が入ります。

しかし、成長とともに残しておきたいモノも増えるので、必ず定期的に親子で見直すことが大切。

 

想い出ボックスには大切な宝物がたくさん…

 

想い出ボックスの中身は、親子で残しておきたいものが異なるかもしれません。

でもお互いが残したいと思ったモノを厳選して残してくださいね。

モノが保存できない場合は…

たくさんモノがあってすべての保存がむつかしい場合は…

想い出の品を【写真に残す】という方法もあります。

写真に残して、それを想い出化してしまうことです。

子どもの絵

子どもの絵は親にとっても想い出の品…

 

 

学校からもらってきた作品を子どもと一緒に写真を撮って、作品は一定期間は家に作品を飾り、楽しむ方法もあります。

子どもは自分が頑張って作ったり描いた絵を自慢したいものです。

 

撮った写真はいずれ想い出集としてフォトブックやスクラップブッキングにしてもおススメ。

 

スクラップブッキング

スクラップブッキングは簡単でおススメ

 

子どもが成長していくにしたがって、すべての作品を残す…と思っていてもやはり限界があります。

 保管がむつかしい場合・、想い出として残しておきたいけど現物がなくてもいい場合など…この方法をぜひ試してください。 
 

 

家庭でルールを決める

 
今まで紹介した方法は、すべてが正解ではありません。

【作品の残し方】に迷う方は、ぜひ、子ども相談して家庭のマイルールを決めてください。

作品の残し方の一例

2年前に作った作品の中から残すものと写真にて残すものに分ける…

小学生になったので幼稚園で作った作品集をフォトブック作成をする

想い出の写真数枚ならスクラップブッキングにしてそれを残す…

などなど様々な方法があると思います。

想い出ボックスのを見直しする時期はやはり各学期末がベスト…

各学期にできない場合はせめて学年末には必ず見直しを親子で行ってください。  
 

今回は意外とすぐにたまりがちな【子どもの想い出の品】お片付けの仕方を紹介しました。

子どもの想い出は親にとってはいつまでも宝物、各家庭にあったお片付けの方法をぜひ試してみてください。

 

 

 

 

 

 

LINE公式アカウントお友達登録はこちら
整理収納アドバイザー

LINE公式アカウントでは、このブログ更新情報・お片付けのカンタンなコツ・講座やイベント情報について不定期で発信中

1対1トークも可能。トークの内容はほかの方に見えませんので、登録後はぜひ、スタンプを送ってプレゼントをゲットしてくださいね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事